« 2010年8月 | トップページ

2010年9月

2010年9月29日 (水)

夏休みの思い出 Part3

<美瑛>

雨の中向かった美瑛。

着く頃にはどしゃぶりの雨も止み、日が射す程に

354

364

右奥に映っているのが、有名な「ケンとメリーの木」です。

383

424

丘の上から真っ赤な、本当に真っ赤な夕日を見ました。

<稚内>

美瑛から夜通し走り、途中、道路わきで仮眠を取り辿り着いたのが、日本最北端の地、

稚内・宗谷岬。

534

ここではハッとするほど綺麗な朝日を見ました

<根室>

そのまま今度は日本最東端の納沙布岬へ。

006_2

018

031

052

とてもとても広く、静かな場所でした。

切ない感情を土地が記憶しているのか、私にとっては、

立っているだけでうら寂しい気分になる場所でした。

そこに立つ、さびれた、しかし堂々とした佇まいの平和の塔。

そこから眺めた北方領土、国後島。

歴史を肌で感じました。

まだ続いている歴史です。

そして、北方領土問題は一刻も早く終わらせなければならないと、

使命にも似た感情を抱きました。

<函館>

そして旅の最後に辿り着いたのはスタート地点でもあった函館。

移動に費やしてきたこの旅。

食事は簡単なものばかりでしたが、ようやく、

最後に美味しい料理を頂くことが出来ました

160

夏休みの思い出・完

全部読んでくれたみなさん、ありがとう

夏休みの思い出 Part2

<旭川>

今回の旅で、一番行きたかった場所・旭川動物園。

期待通り、大満足の動物園でした

006

最初に行ったのはペンギン館。

水のトンネルをくぐりながら、元気に泳ぐペンギンたちの姿が見れます♪

033

仲の良い親子もいました

122

次は白くま館。元気に遊ぶ姿を見れました♪

144

レッサーパンダはお昼ね中でしたが、少しだけ顔を覗かせウィンクをしてくれました

066

まだまだ回りました。次はあざらし館。

縦に取り付けてあるチューブ型の水槽を上下に行き来する姿がなんともキュート

そしてなかなか通らない為(そうは言っても、待って5分くらい)、あざらしが来ると、周りで

待ち構えているギャラリーから「来た来た来た~!!」と歓声が上がり、面白かったです(笑)

291

292

そして何と言っても感動したのがこのオラウータンの親子。

子供のオラウータンが可愛いのはもちろんのこと、お母さんオラウータンは頭が良くてとっても優しい。

この2枚の写真は、お母さんが噛んで柔らかくした餌を、子供に与えるところです。

343

346

そして不思議にかわいいカピバラさん。

このとき、雨がポツポツ降り出したのですが、カピバラさんはその雨が降るのと同時に、

ダッダッダッと急いで走ってきて(写真1)、静かに水にトプン(写真2)と入って行きました。

そのキュート過ぎる行動に思わずキュンとしちゃいました(笑)

348

そして全て見終わり車に戻る途中から雨が本格的に振りだし、出発する頃にはどしゃぶりでした

美瑛に続く・・・

夏休みの思い出 Part1

季節はすっかり秋の気配ですが、夏休みの写真を載せます♪

今年は夫・みっちゃんと共に、車で北海道に行きました。

まず家から青森まで行き、そこからフェリーで函館へ。

函館→札幌→小樽→旭川→美瑛→富良野→稚内→根室→苫小牧→函館。

ほぼ北海道を一周しちゃいました

今日はこの旅で撮った写真を、行った順番で紹介します♪♪

<函館>

青森港から函館港に着いたのが夜。

ホテルに荷物を置き、お決まりの夜景を堪能しに行きました。

202

すっごい綺麗で感動

しかし、私たちの横で三脚を使い記念写真を撮りまくる白人男と日本人のカップルが

すごい気になった。夜景を見ることより、自分達がいかに綺麗に撮れるかを熱心にやっていたから(笑)

何回も何回もセルフタイマーで撮影してました。。夜景見なよ

一夜明け、函館の観光名所、「五稜郭」へ。

234

昔の人はどうやってこんな綺麗な星型を作ったのでしょう・・・?

日本人の几帳面な部分が出ていて、清々しい気分になる場所でした。

五稜郭を見た後、すぐ隣にある怪しい外装、地元で有名な「ラッキー・ピエロ」と言うバーガー屋さんへ。

231

そこの一押しバーガー、「チャイニーズ・チキンバーガー」を食べました。

285 中に入っているのは唐揚げみたいなチキン。そのチキンに甘辛いタレがからんでいて、

すごく美味しかったです

<小樽>

ここでは素敵な出会いがありました。

LeTaoの有名な塔を撮っていたときに声を掛けてくれた森川さんというおじさん。

観光雑誌の編集をしている方で、オフにも関わらず、見ず知らずの私たち夫婦に、小樽の

観光スポットや、美味しいお店を、30分くらいかけて教えてくれました

お陰で、右も左も分からなかった見知らぬ町・小樽は一変、身近で素敵な散歩町に。

教えてもらったお店はどこも美味しく、大満足の散策になりました。

森川さん、ありがとうございました

481

528

« 2010年8月 | トップページ